【干ばつ被害】水不足のパラオに日本政府が緊急援助を決定

この記事は1分で読めます

2016年3月22日にパラオ政府が水不足における非常事態宣言を出し、日本政府および台湾政府に支援要請を出したことを受けて、日本政府は4月1日にパラオに対して国際協力機構(JICA)を通じて,緊急援助物資を供与することを決定しました。(外務省HP)

 

–<外務省HP引用>–

パラオ共和国における干ばつ被害に対する緊急援助

 

1.4月1日,我が国政府は,パラオ共和国において発生している干ばつ被害に対し,同国政府からの要請を受け,国際協力機構(JICA)を通じ,緊急援助物資(ポリタンク,簡易水槽及び浄水器)を供与することを決定しました。

 

2.パラオでは,一般的に11月から4月にかけて乾期にあたり,例年,降雨量が少ないものの,特に本年は昨年からのエルニーニョの強い影響により極端な水不足 が発生する厳しい干ばつ状態が続いています。これを受けて,3月22日,レメンゲサウ大統領は干ばつによる非常事態宣言を発出しました。

 

3.我が国としては,我が国とパラオとの長年の友好関係に鑑み,干ばつ被害に対する人道支援のため緊急援助を行うこととしました。

–<ここまで>–

 

親日国であるパラオを心配する声も多く、今後の状況からも目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter