【前代未聞】カナダ人の少年が星座の並びから古代マヤ文明五大都市のひとつを発見!!

この記事は1分で読めます

カナダ・ケベックに在住する15歳の少年William Gadoury君が「マヤ暦で2012年に世界の終わりが予言されている」という逸話を知ったことをきっかけに中米の古代文明に興味を持ち、3年前からある仮説を立てて独自に研究を行っていました。

 

その仮説とは、マヤ文明の古代都市が星座の並びを模して配置されているというものです。(LE JOURNAL DE MONTREAL)

 

–<記事引用・和訳>–

William Gadoury君は22ものマヤの星座を分析し、地図上の星座の星をそれぞれ結びつけることでマヤ文明の117の都市が実際の星の並びと一致していたことを発見しました。

 

これまでは科学者たちの間では、星座とマヤの都市の位置に相関はないとされていました。

 

しかし、William Gadoury君は23番目の星座を分析し、メキシコのユカタン半島に118番目のマヤの都市が存在するという仮説を導き出しました。

 

NASAとJAXAに撮影した画像を提供してもらい、衛星画像を拡大して調査したところ、86メートルのピラミッドと数十の家屋からなる新たな都市が発見されました。

マヤ文明でこれまで発見された中でも特に規模の大きなこの都市は、Gadoury君によってフランス語である『K’AAK’ CHI’』と名付けられました。

これは古代マヤ文明の言葉で『火の口』という意味です。

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter