【個人販売規制】米FaceBookが銃器・ドラッグ売買の通報機能を実装

この記事は2分で読めます

アメリカ・FaceBook社はこのほど、規約に違反する銃器やドラッグなどの売買を通報する機能を実装しました。

 

同社が今年1月にサイト上での個人の銃器売買を禁止して以降、銃規制を訴える団体らが自主的に取り締まりを行っていましたが、これまでは違反する投稿やグループを発見しても『嫌がらせ』か『暴力の脅威』として通報するしか手段がありませんでした。

 

これでは違いが明確でないうえ、フェイスブックの担当者にとっても違反コンテンツであることを見分けることが困難な状況となっており、団体らは同社に対応を求めていました。(Forbes)

 

–<記事抜粋>–

銃のセールが横行するフェイスブック

現状、フェイスブックは銃の売買の監視をユーザーに100%依存しており、今回の新ツールの実装によって取り締まりが強化されると見られている。 「Everytown」や「銃規制を求めるママの会(Moms Demand Action for Gun Sense in America)」など、銃規制を求める団体が新ツールの存在に気が付いたのは5月初旬のことだったという。これらの団体によると、これまでフェイスブッ クに通報して閉鎖に追い込んだ違反グループの中には、しばらくして復活したものが少なくないという。

 

この数か月間、フェイスブック上では銃売買の「プライベート・セール」が横行し、問題視されていた。「違反グループの通報は、梱包に使うプチプチをつぶし ているようで最初は楽しかった。しかし、通報後にそのグループが閉鎖されたかをしっかり確認するべきだった」と銃規制を訴える活動家の一人であるチャー リー・ギャリハーは言う。

 

フェイスブックの広報担当者であるジョディ・セスは、個人の銃売買を禁止した直後の2月から新ツールの提供を開始したとしているが、幅広く利用可能になっ た時期については明らかにしていない。また、新ツール実装後の通報量の増減についても、まだ分析を行っていないという。フェイスブックに届く違反コンテンツの通報は毎日約100万件に上るというが、その内どれだけの割合が銃売買に関するものなのかはわかっていない。

 

フェイスブックが個人の銃売買を禁じた背景には、「銃規制を求めるママの会」などの団体による激しいロビー活動がある。これまでフェイスブックが個人間の 銃売買の温床になっていたことは周知の事実で、同社幹部らは非公式の場では銃売買に関与したくないと述べていた。しかし、1月に規約を改定した後も、銃売買は収まる気配を見せていない

 

~~

 

フェイスブックにより閉鎖に追い込まれたグループの多くは、復活後にグループの公開設定を「秘密」にして、外部から見えないようにして取引きを継続してい る。以前のように「非公開」であれば検索ができ、メンバー以外でもコンテンツの一部を見ることができた。しかし、「秘密」に設定されてしまうと検索に引っかからず、コンテンツを一切見ることができない。フェイスブックが取り締まりをユーザーからの通報に依存している限り、「秘密」グループの対策をどこまで 講じられるかは不明だ。

–<ここまで>–

 

FaceBook社は今年1月に「個人間での銃器の販売を禁止する」ことを明言しており、また違法ドラッグについてもすでに禁止しています。(FaceBook公式HP)

 

–<資料抜粋・翻訳>–

FaceBookはプライベートメッセージを通じて銃の売買取引を取りまとめることを禁止する。

 

FaceBookは2014年以降、自社のウェブサイトを通じた銃器の販売を制限するための措置を講じてきた。

また、違法ドラッグの販売はすでに禁止している。

 

~~

 

認可を受けている銃器販売業者は引き続き自社製品およびサービスについてはFaceBookに投稿できるが、販売取引を完了させるのはFaceBook外になる。

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter