【埼玉県久喜市】『らき☆すた』柊姉妹の誕生日イベント開催 トークショーに豪華ゲストも出演

この記事は2分で読めます

2016年7月3日、7日、美水かがみさん原作の4コマ漫画およびアニメ『らき☆すた』の聖地として知られる埼玉県久喜市鷲宮で、同作に登場する人気キャラクター柊かがみと柊つかさの誕生日を祝う『柊姉妹誕生日イベント』(久喜市商工会鷲宮支所(旧鷲宮商工会)主催)が開催されました。(WebNewType)

 

–<記事引用>–

現地の鷲宮神社をモデルにした鷹宮神社の宮司の娘という設定の柊姉妹の誕生日が7月7日ということから、毎年この時期にファンが集い、2人の誕生日を祝うイベントが催されています。オリジナルグッズの配布や販売が行われたり、近年ではアニメのキャストもゲストとして登場するなど、作品愛にあふれた内 容が特徴です。

 

今年は7月3日(日)と7月7日(木)の両日に渡って開催。神社そばの飲食店・大酉茶屋でバースデーケーキ(&ドリンク) セットの販売や、地元商店街での飲食や買い物で参加できる抽選会、町内に隠れたゆるキャラやフィギュアを探すウォークラリー風の企画などが行われていました。

 

さらに3日には柊姉妹の友人・峰岸あやの役を演じた相沢舞さん、7日には柊つかさ役の福原香織さん、アニメオリジナルキャラクターの白 石みのるを演じた白石稔さんがトークショーに登場。収録&放送当時の思い出やキャラクターに対する想いを語ったり、名セリフを生披露するなど、集まったファンを大いに沸かせていました。

 

また、七夕にちなんだ願い事という質問では、「ぜひまた『らき☆すた』関連で動きがあるといいな」(相沢さん)、「新しいアニメをやってもらえたら嬉しい」(白石さん)、「続編ももちろんですが、イベントに柊姉妹が揃ったり、大人数で登場できるといいです ね」(福原さん)と、こちらも期待を込めて語ってくれました。

 

根強いファンやキャスト、スタッフの熱意に支えられ、聖地・鷲宮を中心にさまざまな展開が続いている「らき☆すた」。2017年にはアニメ放送開始から10周年を迎えるだけに、記念企画などにも期待せずにはいられません!

–<ここまで>–

 

『らき☆すた姉妹の誕生会でファン興奮 炎天下の商店街でキャラ探し』・埼玉新聞

 

–<記事引用>–

「誕生会」では特大バースデーケーキのお披露目や、町内のレシートを抽選券代わりにしたくじ引き大会、らき☆すたに出演した人気声優のトークショーが開催された。

 

商店街に潜伏した市商工会のマスコットキャラクター「かがみん」が持つキーワードを集める「かがみんを探せ!」も行われ、大勢のファンがカメラを片手に、炎天下の商店街を散策した。

 

杉戸町の石河原望さん(33)は、かがみとつかさのドール(人形)と一緒に参加。「かがみん探しは2回目しか見つけられなかったけど、すごくかわいかった。たくさんの人に『(ドールの)写真を撮らせてください』って言ってもらえてうれしかったです」と満足げ。

 

初めて鷲宮に訪れたという佐賀県武雄市の本多洸幸さん(29)は「たまたま久喜に仕事で来ていて、商工会のサイトを見て来た。アニメ放送から9年経つのにこれだけ人が集まるらき☆すたはすごい。イベントがあったらまた来てみたい」と興奮しきりだった。

–<ここまで>–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter