【売り切れ続出!?】『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』がついに発売 計30タイトルを収録

この記事は1分で読めます

2016年11月10日、任天堂は家庭用ゲーム機『ファミリーコンピュータ(ファミコン)』(1983年発売)を手のひらサイズまで縮小した『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』を発売しました。

 

希望小売価格は5,980円(税別)。

 

従来のファミコンと異なり、ソフトは本体に内蔵されており、ソフトの入れ替えなしで遊べます。

 

セット内容は以下のとおりですが、遊ぶためには別売りのACアダプターやUSB電源供給機器が必要で、テレビやパソコンなどのモニターに接続する必要があります。

 

【セット内容】

・ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ本体×1

・HDMIケーブル×1

・取扱説明書×1

・USBケーブル×1

・マイニンテンドー番号チケット×1

 

また、収録されているソフトは以下の30タイトルで、ダウンロードなどで新規に追加することはできません。

 

【収録ソフト】

・スーパーマリオブラザーズ

・アトランチスの謎

・ゼルダの伝説

・魔界村

・パックマン

・アイスクライマー

・イー・アル・カンフー

・スーパー魂斗羅

・悪魔城ドラキュラ

・ドクターマリオ

・バルーンファイト

・スーパーマリオUSA

・エキサイトバイク

・スーパーマリオブラザーズ3

・ドンキーコング

・つっぱり大相撲

・ダウンタウン熱血物語

・マリオオープンゴルフ

・ギャラガ

・マリオブラザーズ

・リンクの冒険

・星のカービィ 夢の泉の物語

・ファイナルファンタジーIII

・ダブルドラゴンII ザ・リベンジ

・メトロイド

・ソロモンの鍵

・グラディウス

・ロックマン2 Dr.ワイリーの謎

・ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会

・忍者龍剣伝

 

 

その一方で発売初日から転売目的での買い占めなども横行しており、Amazonなどのサイトでは1万円近くの値段で出品されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter