【数々の誤報】日経新聞「Wii U生産終了」の報道を任天堂が否定。過去にも数々の誤報を…

この記事は2分で読めます

2016年3月23日、日経新聞が報じた『任天堂、主力機「Wii U」生産終了 年内にも』の記事に対し、任天堂株式会社は取材にて「当社からの発表ではない。来期以降も生産は継続して行う予定だ」と答えました。

 

また、4月27日の決算発表会でも『Wii U』以外のゲーム機を含めた年間の販売予定数を発表する予定とのことです。

 

–<日経新聞・記事抜粋>–

任天堂は主力の据え置き型ゲーム機「Wii U」の生産を年内にも終了する。人気ソフトが少ないことなどから、前機種「Wii」に比べ、販売が振るわず、 回復が見込めないと判断したもようだ。同社は今年中にも、新型ゲーム機を発表する予定。ゲーム機メーカーは次世代機の発売後も一定期間、旧型機の生産を続 けることが多いが、不振が続くため、早めの生産終了に踏み切る。

–<ここまで>–

 

また、日経新聞は過去にも『任天堂、新型Wii多機能に カーナビ・電子書籍 スマホに対抗』という飛ばし記事を掲載しており、これに関しても任天堂HPにて否定されています。

 

–<日経新聞・記事抜粋>–

任天堂は年末に発売する新型家庭用ゲーム機「Wii U」に、カーナビゲーションや電子書籍などの機能を搭載する。手軽に使えるスマートフォン(高機能携 帯電話=スマホ)に利用者が流れているため、ゲーム以外の機能を充実させる。米マイクロソフトなどの競合会社も同様の戦略で、多機能化により幅広い消費者 を再び呼び寄せ、ゲーム機の復権を目指す。

–<ここまで>–

 

–<任天堂HP・抜粋>–

本日の日本経済新聞の報道(「任天堂、スマホに対抗」)は、当社が発表あるいは事実確認したものではなく、数多くの間違いが含まれた、日本経済新聞社の全くの憶測記事です。

 

尚、当社の公式発表は当社ホームページに掲載しており、 世界最大のビデオゲーム展示会であるE3ショー(米国時間6月5日開催)における当社発表会の模様も、当社ホームページにて6月6日午前1時より生中継予 定です。また、新製品に関する情報といたしましては、6月4日に「Nintendo Direct Pre E3 2012」ビデオの中で当社社長岩田聡が直接お客様に対してメッセージをお届けしており、そのNintendo Directビデオは当社ホームページにてご確認いただけます。

–<ここまで>–

 

同様に日経新聞の『任天堂3DSアジア市場に的』という記事では「任天堂は、アジア市場の開拓を本格化させる」「同時期に、中国では「iQue3DS」として販売を計画」などと報じましたが、これに対しても任天堂HPにて否定されています。

 

これらの記事はいずれも渡辺淳・日経新聞記者が投稿したもので、ここまで誤報を繰り返していると何やら作為的なものを感じてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

関連記事はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ggg1_0
影山一樹
Twitter